MonoMONEYで即日現金化
申し込む

BETFURYで小銭を稼ぐ

BETFURYとは

20分に1度、BNBコインとBTCコインが無料でもらえる仮想通貨Faucetと仮想通貨を賭られるBETサイトがくっついたサイトです
ここまではどこにでもあるFaucetサイトと何ら変わりないのですが、

1つ他サイトと大きく異なる特徴が、
サイト内通貨(トークン)でStaking(ステーキング)ができるという点です。

ステーキングとは、
任意の通貨を保有または預金しておくことで、利息をうけとる仕組みです。

>>おいおい、結局サイト内のトークンたくさん買わないとぜんぜん利息つかないじゃん。

と思いましたが、このサイト内のトークン(通称: BFGトークン)、
仮想通貨をゲーム内でかけるたびにキャッシュバックという形でもらえるようで、買う必要はないと。
それも、1回のBETの度に付与されるという。

ほうほう。BFGトークンの集め方はわかった。

で、ステーキングでもらえる利息とやらは一体いくら貰えるのか。

ステーキング報酬

100 000 BFGトークンで、一日 0.00011770 BTC (11770 Satoshi = 約730円)

マイニングやFaucetサイト巡りするよりはるかにもらえる。。。w
保有量ごとのステーキング報酬をまとめてみると、

画像2

1 000 000 BFG 持ってれば、ビットコイン利息だけで 毎月 216,000 円 ! 

大卒の初任給と同じだけもらえる! もってるだけでw

ビットコイン利息だけでこの額!!
(ほかの5つのアルトコインも同時に支払われます!確認済み)

これは何としてでも 1 000 000 BFG集めたい!!
できることなら、初期投資なしで!

これはやるしかない!!

ビットコイン自動ステーキング作戦

ここからは、有料記事にしようと考えていましたが、期間限定で無料公開しようと思います。

ただ、一点だけ皆さんへお願いが、
このステーキング作戦の考案、資料作成、公開をすべて無料で行っており、
唯一、皆さんが損をしない形でわずかながら私に還元される方法として、
下記アフィリエイトリンクから「BETFURY」を登録していただきたく存じます。ご協力よろしくお願い致します。m(>_<)

登録はこちら

では、本題に入ります。
上記リンクから登録を済ませましたら、さっそくBFGトークンを稼ぎましょう。

BFGトークンを稼ぐ

作業全体の流れ

無課金、初期投資0円を前提として解説しています。
数千円~の初期投資が可能という方は、【作業1】【作業2】をスキップして、付録1.のマーチンゲール表に従って進めていただければ、作業をかなり短縮できます。

画像7

【作業1】無料でBNBとBTCをもらってBETし、BFGトークンをキャッシュバックさせる

画像4

まず、BETFURY BOX からFREE BNBとFREE BOX (BTC)をwithdraw します。

次に、All Games から 「DICE」もしくは「LIMBO」を選択します。

何故かというと、勝率95%以上の高勝率の賭けができるからです。

この作戦のミソは、BFGトークンのキャッシュバックシステムにあり、

1回賭ければ、BFGトークンのキャッシュバックをもらえる。
⇒ つまり、可能な限り高い勝率のものにBETして、できるだけ長いこと賭け続け、BFGトークンを稼ぐということです。


「DICE」の場合

勝率を最大の95%、AUTOにして、START。
1回のBET数は、BNBならFREE BOXでもらった量の1/5程度がおすすめ。

※1回ですべて賭けると、BFGトークンのキャッシュバックをもらえる量は多くなりますが、5%を早い段階で引いてしまうと元も子もないのでリスクコントロールのためです。かと言って、1回のBET数が少なくして、マーチンゲール法のようにチマチマ負けないように賭けると、キャッシュバック(BFGトークンを稼ぐ)効率がかなり悪くなります。
重要なことは、
BNBやBTCを減らさないのではなく、BFGトークンを増やすことです。

ああああああ

「LIMBO」の場合

TARGETを1.01にして、AUTO、STARTです。
BET数はDICEの場合と同じように、分割してリスクコントロールします。

画像6

数分もすればおそらく、無料でもらったBNBとBTCを使い切ると思います

次にやることは、BFGトークンを賭けて増やす作業です。

【作業2】BFGトークンを実際に賭けて増やす

ここでは、先ほどのように高い勝率で賭け続けてはいけません。
先ほどは、効率よくBFGトークンをキャッシュバックさせて稼ぐ方法であり、いずれ、BNBやBTCは溶ける賭け方でした。

今回は、BFGトークンを実際にかけるので、可能な限りBFGトークンを無くさない方法で増やさないといけません。

そこで、「DICE」マーチンゲール法を用います。

マーチンゲール法とは資産が尽きない限り、必ず資産が増える手法です。
しかし、資産はもちろん有限で尽きます。
そのため、総資産と初期BET数から、可能な限り負ける確率を落として、資産を増やしていきます。


ここで重要なのは、
・資産(BFGトークン)を 0 にしてはいけないこと
・時間に資産を稼がせること

です。早く稼ぎたい気持ちはわかりますが、そもそも元手を失うと、また初めからの作業になるので帰って時間がかかります。急がば回れです。

「DICE」の設定

マーチンゲール

初期BET数は、15回負けても大丈夫な値もしくはそれ以上負けても大丈夫な値を推奨します。下記の付録1.マーチンゲール表を参考にしていただければ、わかりやすいかと思います。(この表は、作業3での使用を目的としているため、ここではあくまでも目安として表の左半分のみ見てください。)

付録1. マーチンゲール表 

※0.6~0.7 BFGトークン集めた時を起点とするBET数にしているため、0.6 BFGトークンに到達していない場合は、桁数を減らして考えていただければと思います。
【例】現在のBFGトークンが 0.07 BFGの場合
初期BET数を 0.0000 0102 BFGにすれば、16回連続で負けなければ資産は増え続けます。(16回連続で負ける確率 = 0.0015 %)

画像8
画像9


20分後にまた【作業1】を行い、0.6~0.7BFG 程度集まるまで繰り返します。

早い人で、2時間程度あれば、集まるかと思います。

【作業3】0.6 ~0.7 BFG集まったら

【作業3】に関しては、戦略は人それぞれとなるため、ここではあくまで指定はしません。それは、負ける確率は可能な限り下げることはできますが、0にはできないというところにあります。
つまり、0.001%だろうと0.0000001%だろうと起こりうることには変わりないため、保証はできないということです。

そのため、あくまでも私の作戦として参考にしていただけたらと思います。

————————————————————————————–
付録1.マーチンゲール表をもとに説明します。
0.7 BFG 保有しているため、初期BET数を0.00001024 BFGとした場合、

15回連続で負けても16回目で勝てば、資産は0にならず、
1分間に0.00025 BFG、1日で0.36 BFG 増え続けていきます。
一日目は、【作業1】を引き続き行い、1.3 BFGに到達したとします。

そうすれば、
二日目は、16回連続で負けても17回目もBETできるようになります。
言い換えると、
15回連続で負けても16回目で勝てば、資産は0にならず、
初期BET数は2倍にできます。
1分間に0.0005 BFG、1日で0.72 BFG 増え続けていきます。

このように、資産がロストするリスクは、1日目から変えず(0.0015%)、
1日ごとに初期BET数を倍にしていく戦法です。

この場合、理論上0.0015%を引かなければ、
開始18日目で、  100 000 BFG
開始23日目で、  500 000 BFG
開始25日目で、 1,000 000 BFG に到達します。
————————————————————————————–


作業3では、100000 BFGに到達するまでにいくつかの選択肢があります。

〇リスクの選択
⇒ 何回連続負けても大丈夫な初期BET数にするか

〇一日目以降の作業
⇒ 適宜BET数を設定するのみで後は放置
⇒【作業1】を2日目以降も行い、到達日数を短縮する。

〇ステーキング環境構築のため初期投資をする

ここは、前述したとおり個人の判断に委ねます。

最後は運要素が大きくなりますが、
初期投資0円で始められ
一日目の2~3時間の作業をすれば
後はほぼ自動で、ステーキング収益環境を構築してくれるかもしれない

と考えると、試す価値はかなりあるかと思います。

以上、ビットコイン自動ステーキング作戦でした。

登録はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました